Presented by NAFL 日本語教師養成通信講座
  ことばの意味(語彙・意味・語源)

分類:単語の意味(青)
日本では「青」と「緑」の区別があいまいなのはなぜ?
 そもそも古い日本語において「青(あを)」は非常に範囲の広い色を指していて、一般には「黒と白の間」とされています。古典語の「あを」は狭く見ても現代語の「藍、緑、青」あたりの色をすべてカバーしています。

 これは古典語だけでなく現代語にも見られることで、ご質問の「青梅」の他に「青葉」、「青物」、「青竹」、「青菜」などどれも実際には緑色をしているものに「青-」とついている語がたくさんあります。もちろん「みどり」も古典語から存在していますが、「あを」よりは指し示す範囲が狭かったようです。

 ちなみに信号機は元々「緑信号」という正式名称がありましたが、慣習的に「青信号」と呼ぶ方が定着し、結局規則を改正して現在のように「青信号」と呼ぶようになりました。これも「緑」を「青」と認識する語感の表れ一つと考えることができます。

日本語Q&A トップへ