Presented by NAFL 日本語教師養成通信講座
  ことばの意味(語彙・意味・語源)

分類:単語の意味
「のぼる」と「あがる」の違いは?
 両者は、どちらも何かが低いところから高いところへ動くという意味では共通していますが、いくつかの違いがあります。

 たとえば、「空に太陽がのぼる」とは言えても「空に太陽があがる」とは言えません。また「空に花火があがる」とは言えますが、「空に花火がのぼる」とは言えません。

 ここでの違いは、「花火」は誰かが「あげた」結果、空に「あがった」のに対し、「太陽がのぼる」のはそうした人為的なものではなく自然現象であるという点にあります。つまりこれらの場合は、「あげる」という作用が働いた結果として高いところへ動くのが「あがる」であるのに対し、おのずから動いているのが「のぼる」であるという違いがあります。

 ただし、「あがる」が「おのずから動く」という解釈になる場合も存在します。たとえば「階段をあがる」は、だれかが「あげた」結果「あがる」わけではありません。このように他動詞的に用いられる場合は「あがる」も自ら動作する解釈となります。この場合は「階段をあがる」でも「階段をのぼる」でも意味の差は少なくなります。

 ただし、「あがる」は位置変化全般を指し示し得るのに対し、「のぼる」は「山を頂上へのぼっていく」とは言えても「海中を浅瀬へのぼっていく」では不自然となるように、使われる場面が限られてきます。

日本語Q&A トップへ