英会話お役立ち表現100
 

当コンテンツは2014年11月3日(月)をもちまして、掲載を終了させていただきます。
長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

英語ネイティブスピーカーが普段よく使うお役立ち表現の中から、特に役立つものを厳選して100個紹介します。どれもやさしくて、いろんな場面で役立つので、早速使ってみてください。



今日の表現

2014/10/25
That's incredible.
信じられない。
A: My daughter passed the National Exam and is going to be a doctor.
B: Great! That's incredible.



バックナンバー

2014/10/24
That's amazing.
驚きだ。
A: Look at her dance!
  彼女のダンス見て!  
B: Wow! That's amazing. She's like a professional dancer.
  わあ! 驚きだね。プロのダンサーみたいだ

●見事な作品を目にしたり、人の偉業を聞いて感銘を受けたりしたときに使う表現。 That's incredible. (信じられない)と同じように使える。

2014/10/23
That was quick.
早かったね。
A: I just finished writing the report on our sales performance.
  売上報告書をちょうど書き終わったところだよ  
B: You did? That was quick.
  終わったの? 早かったわね

●自分が思っていたよりも早くだれかが何かをしたときや何かが起こったときに驚きを込めて言う、ややくだけた表現。また、驚きの度合いに合わせて調子を変え、quick を強く言えば大きな驚きを表せる。

2014/10/22
Really?
本当?
A: I finished reading the book you lent me yesterday.
  昨日貸してくれた本読み終わったよ  
B: Really?
  本当?

●日本語の「マジ?」に近い驚きや疑いを表すくだけた表現。文脈や声の調子によって「そうですか」という軽い相づちや、「困るなあ」という相手を非難する意味にもなる。

2014/10/21
It's hard to believe.
信じ難い。
A: Anna and Chris are finally getting married next month!
  アンナとクリスがついに来月結婚するのよ!  
B: Wow! It's hard to believe.
  すごい! 信じられないね

●現実として理解したり、受け入れたりすることができない、と言うときに使う表現。hard と -lieveの部分を強く発音する。

2014/10/20
Is that it?
それだけ?
A: Here is your meal, sir.
  お客さま、こちらがお料理でございます  
B: Is that it? Is this all I get for 35 dollars?!
  これだけ? 35ドル払ってこれで全部?

●Is that all? (それで全部ですか)とほぼ同じ意味のくだけた表現。使われる状況によって、単なる問い返しの意味の場合もあれば、落胆の気持ちを表すこともある。

2014/10/19
I had no idea.
思ってもみなかった。
A: Kelly suddenly left town.
  ケリーが突然街から出て行ったわよ  
B: Really? I had no idea.
  本当に? 思っても見なかったよ

●ある事実や考えについて、知識がなかったり、思いもよらなかったりした場合に使う。「それについては何ひとつ知らなかった」とか、「そんなことは想像だにしなかった」といったニュアンスを含んでいる。