英会話お役立ち表現100
 

当コンテンツは2014年11月3日(月)をもちまして、掲載を終了させていただきます。
長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

英語ネイティブスピーカーが普段よく使うお役立ち表現の中から、特に役立つものを厳選して100個紹介します。どれもやさしくて、いろんな場面で役立つので、早速使ってみてください。



今日の表現

2014/10/21
It's hard to believe.
信じ難い。
A: Anna and Chris are finally getting married next month!
B: Wow! It's hard to believe.



バックナンバー

2014/10/20
Is that it?
それだけ?
A: Here is your meal, sir.
  お客さま、こちらがお料理でございます  
B: Is that it? Is this all I get for 35 dollars?!
  これだけ? 35ドル払ってこれで全部?

●Is that all? (それで全部ですか)とほぼ同じ意味のくだけた表現。使われる状況によって、単なる問い返しの意味の場合もあれば、落胆の気持ちを表すこともある。

2014/10/19
I had no idea.
思ってもみなかった。
A: Kelly suddenly left town.
  ケリーが突然街から出て行ったわよ  
B: Really? I had no idea.
  本当に? 思っても見なかったよ

●ある事実や考えについて、知識がなかったり、思いもよらなかったりした場合に使う。「それについては何ひとつ知らなかった」とか、「そんなことは想像だにしなかった」といったニュアンスを含んでいる。

2014/10/18
You'll get by.
何とか切り抜けられるよ。
A: I haven't prepared for the meeting at all. What should I do?
  まだ何にも会議の準備をしてないわ。どうしよう  
B: Don't worry. You'll get by.
  大丈夫さ。何とか切り抜けられるよ

●困難な状況の相手を慰めるときの表現。get by は「どうにかやっていく」という意味のイディオムで、状況によって「切り抜ける」「持ち合わせで間に合わせる」などのニュアンスになる。

2014/10/17
Watch out!
危ない!
A: Watch out!
  危ない!  
B: Whew! Thanks! That car almost hit me.
  ふー! ありがとう! あの車にひかれるところだったよ

●目の前の危険に対して注意を促したり、とっさに警告を与える表現。Be careful!(注意して!)とほぼ同じ意味だが、緊迫度は Watch out! の方が高い。

2014/10/16
That's life.
世の中そんなものだ。
A: My car was stolen this morning. I just had my bike stolen a few weeks ago!
  今朝、車が盗まれたよ。数週間前に自転車を盗まれたばかりなのに!  
B: That's life.
  世の中そんなもんよ

●好ましくはないけれど、認めざるを得ないような、人生や世の中についてのある真実を指して達観して言う表現。

2014/10/15
It takes time.
時間がかかる。
A: I still can't do my work well.
  いまだにうまく仕事ができないの  
B: Don't worry -- it takes time. It's always hard to get used to new things.
  大丈夫――時間がかかるよ。新しいことに慣れるのはいつも大変さ

●「ある程度価値や重みのあることは、一朝一夕には成し遂げられない」という意味の表現。望みがなかなか実現せずに焦ったり、落胆したりしている人への励ましとしてよく使う。